闘うよ!

0
     こんにちは!
     色々と軽やかな気分になったしば みなみです!



     実はあんまり寝ずに原稿を描く日が続いていた頃、疲れと低気圧が重なってとうとうぶっ倒れまして。
     前から低気圧が苦手で耳も良く聞こえなくなったり気分が悪くなったりと嫌なものを抱えていたのですがそれを機にようやく病名が解りました。

     ……まだ原因の解っていない難病らしいんですが。この歳でマジですか(苦笑)

     まあ、そんなんでこれからバリバリに闘うつもりです。
     治る人もいるそうなので希望はあります。命に関わるものじゃないのですが正直外で倒れるのは勘弁なのでとっとと駆逐してやろうと思うのです。難聴も進行してるみたいで正直怖いし。
     しかし、こういうのって病名が解ると凄くスッキリするもんですね。意味のない強気から意味のある強気になれて楽だ、ホントに。

     同じように妙な症状に悩まされて生活に支障が出たりする方は丁度その症状が出た頃合いを見計らって気分が落ち着いてから病院を何軒も回って看て貰うと良いですよ。
     私の場合、ベテラン開業医に妙な信頼感があってそういう所ばかり行っていたのですが、大きな所や昔からある所よりも比較的新しい設備を持っている開業医を頼ってみるのも良いかもしれません。

     ってわけで、心理的に楽になったのでこれからまたガンガン色んなものを作っていきますよ!


     闘病中の方!みんながんばれ!!まけんな!!!

    JUGEMテーマ:ちょっと病気の話

    お絵かきの道具にもなる。

    0
       秋水ブランドの紹介エントリー、やっと真田六文銭Tシャツの記事を書き終えました。疲れた。昌幸や幸村の疲れに比べたらどってことないんでしょうけど……ひ弱な現代っ子は駄目だなぁ。

       ってわけで、まだまだ書くべき記事がある訳です。



       それはそうと。明日にはメルマガ次号配信できそうです。





       そういえば、最近リングタイプのシステム手帳の不便さを解消しようと色々策を講じてはいるのですが、あの妙な左ページの書きづらい感はどうにもならないのでしょうかね?

       あまり良い解決策が浮かばず大プッシュされたほぼ日手帳にでも乗り換えようと考えたのですが、アレの場合使い切りタイプなもんで、ケータイに情報を入れるより手帳に書く方が便利な事だとかアイディアを綴っている所だとかを新しく書き直さなければならず、あえなく断念。

       結局なんでもガリガリ書いて消費しまくる人間にはシステム手帳が最強なんでしょうか。うーん……いいもんないかなぁ。ホントに。

       仕事もプライベートもごちゃ混ぜで藤崎誠の最後のネタまで書いてある他人には見せられないマイ手帳。もっと便利にしたいって事は活躍してくれているって事なんだと思う。

       ……けど、もう少し効率の良い活躍の仕方をして欲しいもんです。私本人も含めて。



       手帳ってのは持ち主の人間がにじみ出ますね。手帳にこだわる人がとことんこだわるのにも納得です。

      夏も冬も合宿って楽しかったなぁ

      0
         今日は久々にトラックバックBOXからのお題。『合宿といえば何を思い浮かべますか???』



         私は夏に水泳やバレー、美術。冬には水泳の筋トレで合宿に行きましたが、どれも思い出深い!

         神社とか寺とか学校を借りて肝試しをしたり、凄い人数(笑)で大量のスイカを割ったり、坐禅をしたり。普通ではなかなか出来ないような事も合宿でならではの思い出。……あと、自分で火を焚いて調子を見ながら飯盒でご飯炊いたりカレー作ったり、魚に粗塩塗って焼いたりもしました。こういうのは今でも出来ますが、合宿で覚えた事だったりします。思い出すとあの経験は本当に有り難い!

         そして消灯時間を過ぎても怪談やら噂話しやら……とにかくベラベラと喋ってた。(笑)



         ……あとはあれですね。先生だとか監督達がきちんと厳しく見守っててくれてたんで、ものすっごい怒られたことですかね。(苦笑)でもそれもまた良い思い出です。ちゃんとしていないとただの馴れ合いの親睦旅行ですから。

         今の子供は怒られると親がキレるそうで、本当に良い機会をみすみす逃している気がします。体罰なんてのも教育的な話なら『ああ、ゲンコツくらっちゃった!』くらいになれないと本当に痛い目に遭った時に上手に立ち直れないですよ。壊れちゃったり変に神経図太くなっちゃったり……。生きてると理由も対処法もなくただ痛いだけなんてのもありますからね。

         まあ、こんな訳で褒められ叱られで育って私みたいな人間になってしまったりもするんですが。(苦笑)



         ともかく合宿は楽しかった!

         もし、将来人を教育する立場になったりしたら是非やってみたいですね。ITの世界によくあるブレインストーミング合宿だとか創作合宿みたいなのもそれはそれで楽しそう。

         私も一週間ブログに一日の行動を書き続ける合宿とか……あ。これって合宿しなくてもいいか(苦笑)じゃあ、文章書き続けるとかマンガ描き続けるとか……屋内でする事ばっかじゃん(苦)確かに捗りそうではあるけどなんだか勿体ないなー。

        ネット文化を見つめ直してまた出会したのが奴等だなんて……

        0
          ああああ、参った!メルマガ止まってる!!

          ……スイマセン。

          頭んなかでは書けているんですが肝心の時間がこっちにまわせていない状況です。



          そういえば。

          今書いているお話(……っていうか藤崎誠の最後/笑)の為にさらっとですが最近のネット文化を研究中。

          見事に最前線から退いちゃってたので改めて見直すとかえって新鮮です。



          ことに、創作に関しては面白いもんが増えましたね。

          回線速度の向上のおかげで誰でも参加可能な分野の幅が広がったんだなぁ。

          一時流行したMIDIなんかはJASRACの横暴でものの見事にやる人いなくなりましたが(実は私も投稿サイトに投稿していたクチです/苦笑)このノリならまだまだ可能性は広がりそうですね。



          ここまで道楽に力入れるのは日本人らしいというか。(笑)

          道楽で巧いことする人が好かれてた江戸時代の民衆文化の再現とでも言いましょうか。

          なかなか面白い事になってますよ。



          しかしまたネット社会って発言こそ自由でも少数意見は叩かれまくってますね。

          “ものを言う系”のサイトを何ヶ所か見ましたが議論の場が議論の場になってないんですよ。

          世の中は不確定要素ばかりだってのに、他人の意見を肯定するにも否定するにも自分の固定観念に依存しすぎた断定的な見解が多すぎる。

          意見を押し通そうとしすぎると伝わるもんも伝わらなくなったり影響されやすい人が真に受けたりしちゃうじゃないですか。

          折角遠くが近い良い議場があるのに勿体ない。



          それと、人の記事やら作品やらに依存するサイトがいつのまにやら急増してますね。

          クックパッドはたまに参考に見ていたのですがあそこで色々と騒動があったのを知りまして、ああいうのは非常にリスキーだと感じました。

          ユーザーがサービスを見限るくらいの不祥事があると消えない傷が残るわけですから。



          それだけでなくMIDIでのジャスラック事件に近いものがその分野で起こったらどうなるか……。

          いつ何が変わるか分からないのも怖いところです。

          ネットで楽しくやるのも良いけど現場の空気を熟知しない者の手でそれが壊されようとしているのに当事者の発言ではどうにもならない事だってあるわけです。



          せめて青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)には頑張って頂きたい。

          ……ってJASRAC、ここでもまたお前かよ。(笑)

          私には相変わらず連中の持つ概念以上の理念が見えてこない。(苦笑)向上する気があるのか。と思う。





          こんな訳で、ネットの色々を観察して自分なりに分析してみたつもりでも結局自分の体験に戻ってきたような感じ。

          まあ、堂々巡りも常なのかもしれません。

          ……とはいえ、一つやってきて一つ去る中に昔見た景色が被って見えるなんてよくある事だけど、今回は同じすぎなんですよね。変な感じだ。

          ショック!!

          0
            サラリーマンNEO終わってた!!!

            地球へ…が凄い。

            0
              キース・アニアン



              め、メルマガまた遅れてスミマセン。



              それはそうと

              作品のタイトルと

              今でもこの作品を愛して止まぬ人たちがいることに惹かれて

              『地球へ…』を読んでみたところ

              ……やばいくらいにあの世界に引きずり込まれてしまいました。



              元々SFは好きなのですが、『地球へ…』は

              SFで在る以前にもっと大きな意味を持っていると思います。

              普遍的なテーマを扱いつつも強要のない哲学を感じさせる

              綺麗な含みの持たせ方というか……

              なんかもう、感覚的な部分は説明しづらいので

              とにかく読んで欲しいです。それもいろんな人に。

              長く愛され続けている作品はやっぱり違います。

              それだけの理由があるんですね。



              最初は絵柄に馴染みが無いのと

              私が自分の経験のフィルターを通して読んでいたこともあって

              なんだか酷く戸惑ったのですが

              ページをめくるごとにそれらが見事に取り払われていくあの感じは

              本当に凄い。

              時折視線移動に難を感じる部分があったものの

              本編の語りかける強い『思念』と比べれば些細なこと。



              映画化するならフランス映画の世界にハリウッドの技術を持ち込んで

              日本人の感覚でやってほしい感じです。





              ……どうしよう、同人誌とか作ってしまうかも。

              とにかくこの作品に関与したくて仕方がない。

              ってなわけで、初めて地球へ…イラスト描いてみた。

              キースです。一番描きやすそうだったので。



              今回ペルソナ2の佐々木銀次で仲良くなったサカタくんも

              ハマってるそうで、久々にシンクロしてます。



              アニメ版はまだ観ていないのでこれから手を付けようかと思案中。

              原作好きな方から見てアニメ版ってどうなのかなぁ?

              大事な思いが壊れたら嫌だと思う反面、とても気になっています。

              暑中見舞い有り難うございます。

              0
                ってんで、私もようやく描き始めました。

                今年は屍鬼の敏夫、静信、沙子で行きます。

                格好良く描けますように!



                “わたくしにもよこしなさい”

                なんて方はメールフォームから宛先の住所、名前と

                残暑見舞い希望の旨、お書き添えの上送信してみて下さい。

                でき次第送ります。



                にしても郵便物って妙に嬉しいんですよね。

                ウチが通販サークルやってる関係で

                チラシ発行直後は毎日のように届いていたんですが

                最近はチラシも作ってなかったのでちょっぴり忘れてました。

                私なんかの拙いイラストの残暑見舞いでも

                幸せのお裾分けができるといいなぁ。

                この流れはどこまで加速するつもりかな。

                0
                  某サークルの会長さんのPC話に触発されて

                  newPCにしてしまったしばみなみです。



                  BTOモノは会社のがそうなので今回導入したのですが

                  値段の割にまあまあ使えそうな感じですね。

                  (しかし冷却関連にちょっと不安)

                  トラブったときは混乱しそうですけど

                  最近はwebに情報が溢れてるんでどうにかなるでしょう。

                  yahoo!のディレクトリ検索へのサイト登録が安易だった頃には

                  こんなこと考えられなかった!(笑)

                  しかし一般に普及してPC関係の人や

                  インテリジェンスが高い人の割合が落ちたせいで

                  信頼できない情報が増えたのも事実。(苦笑)

                  まあ、私もねつ造幕末話を垂れ流してる身分なので

                  これはこれで仕方ない。(笑)



                  それはそうと。

                  おかげさまで作業効率が怖いくらいに上がったので

                  創作活動もはかどりそうです。

                  なにせ前のPCはB5のフルカラー印刷用原稿350dpiを保存するのに

                  30分(原稿によってはもっと)掛かってましたからねぇ。(笑)

                  その間無双とか維新の嵐で気を紛らわすという仕様。(苦笑)

                  メモ帳で文章書きながらMP3流したりCD廻したりしてるだけでリソース不足になったりもしたっけかなぁ。(笑)

                  なんかもう、KOFの八神庵やら無双の司馬懿ばりに笑いたい気分です。



                  あれでも7年くらい前のメーカーパソコンでは最先端の性能だったのにと考えると時代は早いですね。

                  思い出せば先々先代なんか前以上にフリーズの嵐だったし。

                  そもそも日本製のPCゲームも数えるほどだった。

                  気づけばBTOショップまでできてるんですから。



                  機械モノの導入が早い環境に育ったのもあってか

                  こんなに思い起こせるほど色々見てきてしまっている自分に

                  時の流れの速さを思い知り

                  半分ガックリもした本日だったのでした。(泣)

                  1

                  calendar

                  S M T W T F S
                    12345
                  6789101112
                  13141516171819
                  20212223242526
                  2728293031  
                  << August 2017 >>

                  Twitter

                  pixiv

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  Copyright © 2004- Tentsuji. All rights reserved.